【コラム】ドローンが拓く未来、配送から人道支援まで

障害物との接触を考慮し本体を超軽量ゲージで 覆ったドローン。人体にぶつかっても全く問題ない © Matsuda Masahiro
障害物との接触を考慮し本体を超軽量ゲージで 覆ったドローン。人体にぶつかっても全く問題ない
© Matsuda Masahiro

ここ数年、急速にドローン(無人航空機)の活躍する場が増えている。写真・ビデオの空撮はもちろん、配送サービスが実用に近づき、ラジコン感覚でレースを楽しむ趣味の利用も盛んだ。このように新たな産業の予感に満ちたドローンではあるが、一方で安全性や不正使用への懸念も強く、利用促進と規制のバランスをどうとるべきか、まだはっきり見通せないのが現状だ。…

全文はこちら(PDF)

◆ 松田雅央「ヨーロッパの街角から」『日経研月報』、Vol.456、2016.06.、日本経済研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました