【新型コロナ】フォルクスワーゲン本社工場、6週間ぶりに操業再開、ヴォルフスブルク

4月28日(火)】

ヴォルフスブルクにあるフォルクスワーゲンの本社工場、2015.02.10. © Matsuda Masahiro
ヴォルフスブルクにあるフォルクスワーゲンの本社工場、2015.02.10. © Matsuda Masahiro

ヴォルフスブルクにあるVW(フォルクスワーゲン)本社工場は、コロナ禍のためほぼ6週間操業を止めていましたが、4月27日、06:30のシフトから再開しました。

働き始めたのは一部の従業員(8,000人)で、今週生産されるのは1,400台程度です。稼働率60%でスタートし、約1ヵ月でフル生産に移行する予定です。

コロナ禍によって消費者心理も冷え込んでおり、売り上げも落ち込みます。結果的に、国内の自動車産業労働者の10~15%が解雇される見通しです。

自動車産業はドイツの基幹産業。ここ6週間、ほぼストップしていた経済がやっと動き出しました。

<参考記事>SPIEGEL

ドイツの感染者数

:感染者 (前日比) / 死亡者 (前日比)
◆ バーデン=ヴュルテンベルク州:31,196 (+153)/ 1,269(+20)
◆ バイエルン州:41,406(+336)/ 1,681(+60)
◆ ノルトライン=ヴェストファーレン州:32,184(+305)/ 1,171(+40)
◆ ドイツ全国156,337 (+1,144)/ 5,913(+163)
<死亡率> :3.8%
<人口100万人に占める死者数>:70.4人

【ロベルト・コッホ研究所発表】の公式データ
(2020年4月28日(火)00:00現在)

世界の感染者数

:感染者 / 回復者 / 死亡者
◆ ドイツ全国:159,431 / 117,400 / 6,215
Berliner Morgenpost 紙のコロナウイルスモニター(2020年4月7日)

【Berliner Morgenpost紙の速報値】
(2020年4月28日(火)22:00現在)

【注意】

  • ロベルト・コッホ研究所は公的機関で、発表されるデータが国の公式データとして扱われます。
  • Berliner Morgenpost 紙は、世界のデータを集め「コロナウイルスモニター」として独自の速報値を公表しています。
  • コロナウイルスモニターのデータ元:Johns Hopkins University CSSE,  WHOCDC (USA),  ECDC (Europa),  NHCDXY (China), Robert-Koch-Institut, Kreis- und Landesgesundheitsämter

コメント

タイトルとURLをコピーしました