【コラム】フランクフルト最新不動産事情、ブレグジットの足音

ここ数年、ドイツでは不動産価格の高騰が大きな社会問題になっている。中でも7大都市圏の状況は深刻で「庶民が住める住宅を!」の声に押され、政府は対策に躍起だ。

 経済都市フランクフルトもその一つ。ここはヨーロッパ経済の中心都市でもあり、イギリスのEU離脱問題「ブレグジット」の影響を受けやすいポジションにいる。

 今回は住宅不足とブレグジットの文脈から、経済都市フランクフルトの不動産事情を探ってみたい。…

全文はこちら(PDF)

◆ 松田雅央「ヨーロッパの街角から」『日経研月報』、Vol.493、2019.07.

コメント

タイトルとURLをコピーしました