【コラム】ドイツのブラインドサッカー: 求められる社会のサポート

皆さんはブラインドサッカー(視覚障がい者5人制サッカー)を観戦したことがあるだろうか。フットサルを基に考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目でもある。視覚に頼らずドリブルしゴールを決めるというのはなかなか想像し難いが、実際に観てみるとスピード感があり、技巧的でしかも激しい。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け代表争いが白熱する今、ドイツのブラインドサッカー事情についてレポートしたい。…

全文はこちらをクリック(PDF)

◆ 松田雅央「ヨーロッパの街角から」『日経研月報』、Vol.495、2019.09.

コメント

タイトルとURLをコピーしました