Black Lives Matter、ドイツでも人種差別反対集会

6月13日(土)】

人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro
人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro

アメリカで起きた黒人男性暴行死事件に端を発した人種差別反対運動の波が、ドイツにも押し寄せています。

この日、シュトゥットガルト郊外にあるコンスタッター・バーゼン広場(Cannstatter Wasen)に約4,000名の人々が集まり、人種差別反対を訴えました。

人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro
人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro

会場を見渡すと圧倒的に若者が多く、黒人系が目立ちました。連帯感を示すための黒いTシャツを着ている人も多く、プラカードには世界的なスローガンである「Black Lives Matter(黒人の命を守れ)」あるいは、被害者ジョージ・フロイドさんの言葉「I can’t breath」などと書かれていました。

人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro
人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro

ドイツにも黒人系の住民は多くいます。下の写真の参加者は小さな子供のいる家族連れ。ドイツ語で話しかけたら英語で答えが返ってきたので、英語圏の国から仕事などの都合でドイツに来ているのでしょう。

人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro
人種差別反対集会、ドイツ・シュトゥットガルト、2020.06.13. © Matsuda Masahiro

 国や地域によっては、人種差別反対集会やデモが暴力や略奪に繋がる場合もありますが、今のところ、ドイツの運動は平和的に行われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました