【新型コロナ】事業者が守るべき、感染防止規則10項目

4月18日(土)】

来週20日(月)からの小売店(800㎡以下)営業再開に向け、ハイル労働相から事業者が守るべき「感染防止規則10項目」が発表されました(4月15日)。

これらは従業員と顧客の双方を守るための規則です。また、工場など他の事業者にも適用されます。

  1. 労働者保護に関する通常の規則に加え、コロナ感染防止の特別規則を順守する。
  2. 産業医の助言を受ける。
  3. 十分な距離を空ける。
  4. できる限り、一か所に集まる人数を少なくする。
  5. 体調の悪い労働者は休ませる。
  6. マスクを用意する。
  7. 手洗い設備を確保する。
  8. 十分な殺菌(事務所、車両、道具など)。
  9. 監督官庁との協力。
  10. 健康第一。

いずれも、今更ながらの内容ではありますが、確認の意味もあるのでしょう。全国共通の規則として事業者へ提示されました。

ドイツの感染者数(前日比)/ 死亡者数(前日比)

◆ バーデン=ヴュルテンベルク州
:27,258 (+715)/ 919(+47)
◆ バイエルン州
:36,881(+854)/ 1,198(+61)
◆ ノルトライン=ヴェストファーレン州
:28,006 (+976)/ 791(+65)
◆ ドイツ全国
:137,439 (+3,609)/ 4,110(+242)

  • 死亡率:3.0%。
  • 人口100万人に占める死者数:49.0人。

世界の感染者数 / 回復者数 / 死亡者数

◆ ドイツ全国
:143,342 / 85,400 / 4,459

【注意】

  • ① ロベルト・コッホ研究所は公的機関で、発表されるデータが国の公式データとして扱われます。
  • ② Berliner Morgenpost 紙は、世界のデータを集め「コロナウイルスモニター」として独自の速報値を公表しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました