【コラム】新時代のワークスタイル - ドイツの挑戦-

コワーキングスペース「Design Offices Karlsruhe」の共同ラウンジ、カールスルーエ ©MATSUDA, Masahiro
コワーキングスペース「Design Offices Karlsruhe」の共同ラウンジ、カールスルーエ ©MATSUDA, Masahiro

 今、時代に即した新たなワークスタイル(働き方)が求められている。 

 主「育児や介護との両立」「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「労働者のニーズの多様化」などの状況は、程度の差はあれ、ドイツも日本と同様だ。

 本稿ではドイツの模索する新たなワークスタイル像を、さまざまな角度から探ってみたい。…

全文はこちら(PDF)

◆ 松田雅央「ヨーロッパの街角から」『日経研月報』、Vol.507、2020.09.

コメント

タイトルとURLをコピーしました