【コラム】ライン川の夏の楽しみ、スイス・バーゼル

ライン川での遊泳。天気がよければ大勢の市民がつめかける人気アトラクション。中央橋の向こうに大聖堂が見える 。バーゼル © Matsuda Masahiro
ライン川での遊泳。天気がよければ大勢の市民がつめかける人気アトラクション。中央橋の向こうに大聖堂が見える 。バーゼル © Matsuda Masahiro

とある夏の日、スイス・フランス・ドイツ3国国境の都市バーゼル(スイス)に架かる中央橋で、驚きの光景を目にした。幅200mはあるライン川の上流から、カラフルな浮き袋につかまった水着姿の人が流れてくるのだ。川や湖で泳ぐのが盛んな欧州でも、工業都市を流れる国際河川、しかも貨物船が行き来するような川で、これほど多くの人が泳ぐ姿は見たことがない(写真)。…

全文はこちら(PDF)

◆ 松田雅央「ヨーロッパの街角から」『日経研月報』、Vol.460、2016.10.、日本経済研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました